PROFILE

 大森 光太郎(おおもりこうたろう)
K-PHOTO代表 / NPO法人コヂカラ・ニッポン理事
幼少期から異文化に興味を持ち始め、一人カメラ片手にカンボジアの学校や孤児院で支援活動を開始する。現在は「異文化理解」をテーマに自身の活動を子ども達に伝える講演に留まらず、写真や音楽、教育分野など、その活動は多岐に渡っている。
また、これまでに放課後児童支援員の管理職として、31%増収74%増益、職員定着率約100%(離職率58%削減)、職員総残業時間54%削減、職員有給消化率75%達成の実績を持つ。子どもを中心に置いたルール作り、既存のマニュアルだけに頼らない職員育成をモットーとし、在籍児童とその保護者は勿論の事、勤務職員にとっても満足度の高い現場作りに貢献した。

  

〜取引実績
市川市教育委員会
NPO法人まつどNPO協議会
プルデンシャル・ファイナンシャル・インク日本駐在員事務所

NPO法人ファザーリング・ジャパン
株式会社市進ホールディングス
杜の家流山おおたかの森Office
ヒミツキチ
etc…
    

» <Backbone...>

Backbone

〜学生時代〜
小学生の頃にテレビや本などを通じて、世界の子ども達の現実を目の当たりにする。
「いつか自分の目でこの現実を確かめたい。」
この時の気持ちが後にカンボジアを訪れる原動力となる。

中学生から音楽を始める。大学生では歌手を目指しオーディションを受け続けた。この頃から知見を広げる為に旅(千葉県1周、日本1周)をするようになる。興味を持った事を積極的に行動へと移した時期である。

中でも、アメリカへの留学が自分の世界観を大きく変える経験となった。現地では様々な国籍の人と積極的に触れ合い、想像も付かなかった世界の「違い」や「価値観」がある事を知った。結果的に一番の学びは「英語」ではなくそれだった。この経験が今の人間形成に大きな影響を与えている。

previous arrow
next arrow
PlayPause
previous arrownext arrow
Slider

〜リトルリーグワールドシリーズでの通訳〜
リトルリーグワールドシリーズ日本チームの通訳としてアメリカに同行し、子どもの夢や真剣な姿が人に与える影響力を肌で感じた。子どもが自分の夢のみに集中してプレーできる環境の素晴らしさに心から感動を覚えた。

この頃から、自分で考えた企画を様々な企業へ送り始める。2年間続けた結果、大手製造小売業のキャンペーンイベントで応募総数1万通以上の中から実現の候補となる。当選は逃したものの、自分なりの指針が出来始める。その後、企画を自分で形にする為に行動に移し始める。

previous arrow
next arrow
PlayPause
previous arrownext arrow
Slider


〜カンボジアでの活動〜

幼少期に憧れた世界へカメラ片手に訪れる。企画を実行する為に、現地の学校や孤児院へ飛び込みで訪れ子ども達の夢を撮影してまわる。夢を描く為の文房具は、国内の企業や教育機関から募った寄付を使用し、現地で撮影した写真は帰国後フォトブックにして、再び子ども達へ届けに行く。

previous arrow
next arrow
PlayPause
previous arrownext arrow
Slider

previous arrow
next arrow
PlayPause
previous arrownext arrow
Slider

〜現在〜
「異文化理解」をテーマに自身の活動を子ども達に伝える講演に留まらず、写真や音楽、教育分野など、その活動は多岐に渡っている。

    

» 閉じる